補償はある?格安スマホが故障したらどうするの?

僕の勧めで格安スマホに格安SIMを使って節約ライフを送っていた友人から相談がありました。

「スマホ壊れたっぽい・・・」

ドコモやauなどを使っている場合には、壊れたらとりあえずお店に行きますよね。

しかし、格安スマホや格安SIMの場合はどうなるのでしょう・・・。

料金は安いけどもしもの時はどうなのかは気になるところですよね。

スポンサーリンク

スマホは高価である

普段はあまり意識しないかもしれませんが、スマホってかなり高い電化製品です。

5万円は軽くこえますし、iPhoneなど物によっては10万円を越えるスマホもあります。

え?実質1万円の機種もあるから安い?

確かに実質1000円とか1万円とかありますね。それでは、どうして「実質」と記載されているかを理解していますか?

端末自体の値段が安いのではなく、高い通信料金を払う代わりに2年間は端末代金を割引しますという契約を結んでいるからです。

端末代金を安く見せかけて毎月の通信料金で稼ぐという作戦なんです。

しかも、途中で壊れて機種変更すると2年間の割引は消滅するので、壊れて使えない端末の代金を支払い続けると地獄が始まります。

そんなわけで、高価なスマホが壊れると庶民には大きなダメージとなります。

ドコモやauやソフトバンクはスマホの補償サービス(有料)がある

高価で毎日使うスマホが壊れたら困る・・・

そういう人が多いのはみんな分かっているので、大手の通信会社にはスマホの補償サービスがあります。

毎月500円くらい払うと、もし壊れた時には低価格で端末を交換してもらえたりするいう内容です(ワザと壊した場合は交換できません)。

毎月お金を払わないといけませんし、もしもの時も5000円~7500円くらいは払うことになりますが、心配性の人には嬉しいサービスです。

ただ、意外とお金はかかります。例えば3年間補償をつけると500円×36か月=18000円となります。

安心料としてどう考えるかですね。払えないことはない上手な価格設定にも見えます。

ドコモやauなどの大手の場合にはお金さえ払えば壊れても安心というわけですね。

格安スマホも補償サービスを提供している会社はある

それでは、大手ではない格安スマホの場合にはどうなるのでしょうか。

格安系のサービスは色々な会社が提供していますが、補償サービスがある会社とない会社があります。

例えば「DMMモバイル」は、月々350円で自然故障、破損、水濡れによる故障の場合に3000円で新しいスマホと交換ができます。

電話すると新しい端末が送られてくるのでとても便利です。しかも大手よりも料金が安いですね。

ドコモやauなどと比べると、店舗がないので郵送にはなりますがその分料金も安いのです。

格安スマホは壊れて買い替えても安い

一方、そうした補償サービスに入らずに壊れたら買い替え覚悟で使うという作戦もあります。

何故ならば、格安スマホは安いので買い替えのダメージが少ないからです。

例えば、iPhone7は10万円近くしますが、同じ性能の格安スマホは5万円くらいで買うことができます。ようは差額の5万円はブランド代を払ってるんです。

しかも、LINEやSNSやネットが中心の使い方であれば、1万~2万円くらいのスマホで性能は十分なので、壊れてもショックは少ないのです。

格安スマホの場合は、補償サービスに入るべきなの?

ここまでの話で、格安スマホでもちゃんと補償サービスがあることが分かりました。

一方、そもそもスマホが安いので補償を使わない作戦もあるということも分かりました。

ここで、格安スマホの場合にはどのように補償サービスに入るべきかを整理しておきましょう。

料金を計算してみる

まずは料金を計算してみます。

例えば、2万円のスマホを買ったとしましょう。

DMMモバイル」は、月々350円で自然故障、破損、水濡れによる故障の場合に3000円で新しいスマホと交換ができます。

つまり、1年使って壊れた場合には350円×12か月+3000円で7200円の支払いです。

7200円払って、2万円のスマホを交換することができます。

2年使って壊れた場合には、350円×24か月+3000円で11400円の支払いです。

11400円払って、2万円のスマホを交換することができます。なんかあんまりお得な感じがしません・・・。

当たり前ですが、壊れなければ特に交換などはしないのでお金を払って終わりです。

このくらいの金額だと、補償に払う分のお金で新しいスマホを買った方がお得な気もしますね。

最初の1年は保証がある

さて、スマホに限らずほとんどの電化製品は最初の1年は初期保証期間ってありますよね。

格安スマホも初期保証はあるので、最初の1年はメーカーの保証があります(ワザと壊すのはダメです)。

そう考えると、実際に補償サービスが必要なのは1年過ぎた後です。

でも、さっき計算したように補償サービスに2年3年と加入していると、そのお金で新しいスマホを買った方が良いという考え方もあります。

1つのスマホを長く使うタイプの人は補償サービスに入るべきで、2年くらいで新しいスマホに変えたいタイプの人は補償サービスには入らない方が良いと言えるでしょう。

補償サービスが充実した格安スマホのサービス

最後に、補償サービスが充実した格安スマホのサービスを紹介します。

DMMモバイル

まずは「DMMモバイル」です。

DMMモバイルの特長は、とにかく料金が安いということです。通話とデータ通信が可能な契約で、3GBで月々1500円となっています。

端末補償サービスも月々350円で自然故障、破損、水濡れによる故障の場合に3000円で新しいスマホと交換ができます。

ドコモやau、ソフトバンクと比べると非常に安い価格設定になっていますね。

UQモバイル

続いて「UQモバイル」です。

UQモバイルはauのサブブランドのスマホサービスになっているので、大手なのに料金が安いという良いとこ取りをした格安スマホのサービスになっています。

au系なのでサポートもしっかりしており、端末補償サービスは月々380円で提供されています。注目は盗難された場合にも1万円の補償金がもらえるところですね。

料金は安い方が良いけどやっぱり大手が良い・・・そんな人にオススメです。

まとめ

それではまとめです。

  • スマホはとても高い
  • 大手キャリアは有料の補償サービスがある
  • 格安スマホでも補償サービスがあるし料金も安くてお得
  • 格安スマホは安いので買い替えやすい
  • 格安スマホは補償サービスは長くスマホを使う人向け

格安スマホでも故障した時の補償サービスはありますが、もともとの価格が安いのでイザ壊れても買い替えた方が良いケースもあります。

自分がどのくらいの期間1つのスマホを使うのかを考えて選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする