株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

ドコモの”シニア特割”はお得?料金を比較してみる

   

携帯電話会社にとって最大の課題は、ガラケーを使っているお客さんをどうやってスマホへ移行するかだというのを聞いたことがあります。

まぁスマホの方が毎月の料金は高くなるので儲かりますからね。

そんなこともあってか、2017年1月30日に割引サービスが発表されました。

はじめてスマホを持つ高齢者に向けた「シニア特割」です。

うちの両親もまだガラケーを使っているので、スマホは気になるようですが、やっぱり料金は気になるみたいなんですよね。

スポンサーリンク

シニア特割とは

シニア特割とは、ドコモを使っている高齢者が一定の条件を満たすと割引を受けられるというサービスになります。

条件は以下の通りです。

  • 現在ドコモのFOMA契約(ガラケー)を使ってる人がスマホに変更する
  • 変更する時点で60歳以上である

ようは現在ドコモを使っている60歳以上の人がドコモのスマホに機種変更する場合ですね。

まだガラケーを使っているけど「そろそろスマホに・・・」と考え始めている人々を狙った割引サービスと言えます。

割引内容はどうかというと・・・

  • カケホーダイプランを2年間毎月1520円割引
  • カケホーダイライトプランを2年間毎月1520円割引

こんな感じに割引が適用されるお得なサービスとなっています。

カケホーダイはどれだけ通話しても定額になるプランで、カケホーダイライトプランは5分以内の通話だけ定額になるプランです。

もともとドコモでは「はじめてスマホ割」という割引サービスがあるのですが、これの上位版と考えると良いでしょう。「はじめてスマホ割」との違いは、カケホーダイライトプランでも1520円割引があるということです。

まぁなんにしても料金が安くなるのは助かりますね。

実際の料金はどうなるのか

それでは、具体的に毎月支払う料金を見ていきましょう。

ここでは、普通にドコモでスマホを契約した場合と、「シニア特割」を使った場合で比較をしてみます。

ドコモでスマホを使う場合には、最低3つのサービスの契約が必要です。

まずは通話、次にデータ通信、最後にSPモードです。

通話は、長電話をよくするなら「カケホーダイ」、1回の電話が5分以内なら「カケホーダイライト」を選びましょう。

データ通信は外出先で動画をみたりするのでなければとりあず「データSパック(2GB)」で良いと思います。

普通に契約する場合

まずはカケホーダイの場合です。

  • カケホーダイ:2700円
  • データSパック:3500円
  • SPモード:300円

合計で6500円です。

シニア特割の場合

シニア特割になると・・・

  • カケホーダイ:2700円
  • データSパック:3500円
  • SPモード:300円
  • シニア特割:-1520円

合計で4980円になりました。最初の2年間は4980円で、3年目以降は割引がなくなるので6500円になります。

シニア特割の場合(通話は5分以内でOK)

最後に、通話はほとんどしないから5分以内のかけ放題でOKという人の場合です。

  • カケホーダイライト:1700円
  • データSパック:3500円
  • SPモード:300円
  • シニア特割:-1520円

合計で3980円になりました。

通話が5分以内という条件はありますが、かなり安くなりましたね。

割引が2年間しかないことは注意ですが、とにかく安くなることに間違いはありません。

ちなみに、これは毎月の利用料金なので、これとは別にスマホ本体の代金が必要なので注意しましょう。

格安SIMや格安スマホと比較してみる

続いて、最近話題になっている格安系のスマホサービスと比較してみましょう。

格安系のスマホサービスだと「UQモバイル」がおすすめです。

UQモバイルはauの格安系ブランドになります。auの後ろ盾があるので大手じゃないと不安な人でも安心です。

特長は「通話込みのプランが充実していること」と、格安系サービスの中でも「速度が安定していること」です。

UQモバイルの場合はプランはシンプルです。

プラン 通話 データ 料金
プランS 5分以内
無料
2GB(1年目)
1GB(2年目以降)
1980円(1年目)
2980円(2年目以降)
プランM 5分以内
無料
6GB(1年目)
3GB(2年目以降)
2980円(1年目)
3980円(2年目以降)

 

さっきの「シニア特割」で3980円になる組み合わせと近いのはプランSですかね。

UQモバイルだと1年目は月々1980円で、2年目以降は2980円と凄まじい安さですね。

これで5分以内の通話は無料でデータ通信もできるのですからとてもお得です。

それぞれ5年間利用すると考えると・・・

ドコモで「シニア特割」の場合は5年間総額で293520円!

UQモバイルで「プランS」の場合は5年間総額で166800円!

5年間の合計でUQモバイルの方が126720円お得ということになります。

スマホの利用料金は高いから少しでも安く・・・という人は「UQモバイル」にしましょう。

ガラケーを使い続けたいなら2台持ちを検討しよう

今回はスマホへ乗り換える人のために「シニア特割」を見てきましたが、それでもガラケーを使い続けたい人はいると思います。

何を隠そう自分もその一人で、相変わらずガラケーを使い続けています。

しかし、なんだかんだスマホは便利です。

そんなわけで、ガラケーとの2台持ちで生活しています。

自分のオススメはガラケーとタブレットの2台持ちです。スマホとタブレットは中身は同じで画面が大きいので、ガラケーとの相性はばっちりなのです。しかも料金もとても安いです。

ガラケーを捨てたくない人は是非チャレンジしてみてください。

【参考】>>スマホよりもガラケー&タブレット2台持ちがおすすめな理由

ドコモのスマホを使いたいならおすすめ

単純に料金で考えると格安系のサービスを使った方が良いですが、値段が高くても大手の方が良いと考えている人もいとる思います。

長年ドコモを使っていてこれからもドコモを使いたいと思っている人は「シニア特割」の実施期間中にスマホに乗り換えるのはアリでしょう。

どうせなら割引期間中に乗り換えた方がお得ですからね。

「シニア特割」は2017年5月31日までの申込みが必要なので手続きはお早めに。

まとめ

それではまとめです。

  • シニア特割はガラケーを使っている60歳以上向けの割引
  • シニア特割はカケホーダイ、カケホーダイライトが1520円割引になる
  • カケホーダイライトなら2年間は3980円でスマホが使える
  • もっと安くしたいならUQモバイルを使おう
  • UQモバイルはシニア特割よりも5年間で12万円もお得
  • ドコモを信頼しているならシニア特割でスマホに乗り換えるチャンス

最近はドコモやauなどの大手企業も割引キャンペーンに力をいれてきています。

しかし、それでも格安系サービスの方が全然安いんですよね。

しかも、高いくせにドコモショップ行っても使い方とかをたいして教えてくれないので結局高齢の両親には子供たちが教えるしかないんですよね。

大手も本気出してくれればいいのになぁ・・・。

 - モバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事