株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

イギリスのEU離脱で大損した人達へ。一足先に借金して退場した人間が感じたこと

   

週末の市場は大荒れでしたね。

2016年6月のイギリスのEU離脱国民投票はしばらくの間は語り継がれることになりそうです。

自分も平凡に「まぁ結局残留だろうな~」と思っていたので結果には驚きました。

大損した人が多いせいかこのブログもアクセスが増えているようなので、大損して借金を抱えた経験者として思うところを書いてみようと思います。

あくまで凡人の個人的な感想なのでその辺は注意してくださいね。

スポンサーリンク

自分が株やFXを続けていたら直撃していたか

このニュースを見ていて最初に思ったのは、自分がもし株やFXを続けていたらどうなっていたかです。

さすがにこれまで2000万円以上も損しているわけですから、当然無茶はしないと思いますよね。

僕もそう思います。そんなリスクを取るわけがないと。

しかし・・・仮に参戦していたら実際には十中八九大損していたと思います。今までだって何度爆死しても次のイベントでまた爆死してましたからね。今回だけ避けられたということはないでしょう。

何故なんでしょうか。

その理由は簡単なことです。

イベント日にポジションを取ると言うこと

株でもFXでも基本的なセオリーは「イベント日にポジションは持たない」ということです。

これだけで退場は避けられますし、大損もしなくなります。

でも、ポジションを取ってしまうんですね~。

これは以前書いた記事にもあるのですが、この時点で「俺はみんなとは違うんだ!」って思ってるからです。

おいおいそんな中二病みたいな奴いないだろ・・・と感じるかもしれませんが、確実にそう思ってポジってしまう人はいます(というか自分がそうでした)。

何故かと言うと、物凄く儲かるからですよ。

今回だってもし残留にきまっていたら物凄く儲かっていたはずです。

何度か成功体験があるとやっちゃうのが人間なんですよね。もっと儲けたい!もっとお金がほしい!という気持ちの方が勝っちゃうんですよ。

そうでなきゃ大損する人なんていないわけですから。

でも、やっぱりイベント日にポジションを取る以上はいつかは大損して退場するのが現実なのです。

今から参戦したら儲かるのでは?!

そしてこう思うんですよね。

ここからしばらく株も下がりそうだし円高になりそうだから、様子を見て参戦したら儲かるのではないか・・・。

正直迷いましたが、今のところそういう気持ちはありません。

何故かと言うと・・・

これも大損するパターンなんですよ。

だいたい素人がチャンスと思った時がチャンスである試しなんてないんです。

会社でもいたもん、「いまからボーナス投入するわwww」とか言ってる人。

これは完全に市場の藻屑となるパターンでしょう。

そういうタイミングでは参戦できませんよね。

FRBが利下げしてQE4が始まるくらいが丁度良いのではないかと思っています。

いつの時代も人間の行動は変わらない

ニュースを聞きながら感じたのはこんな内容なのですが、こうやって文章に書き起こして改めて思いました。

結局のところ、材料が変わるだけで毎回同じ事が起きてるんですよね。

一年以上前に「注意!破産した男が語るFXで失敗・破産する6つの法則」という記事を書きました。

これを見てどうでしょうか。

この法則に該当する人は全滅してそうな雰囲気じゃないですかね。

皮肉な話ですが、どうすれば破産できるのかだけは分かっているみたいです。

今回直撃した人も今一度セルフチェックして見ると良いのではないかと思います。

僕の場合はこの法則から解放されるのに7年もかかってしまいましたが・・・。

今回で目が覚めた人は立ち直れる

今回大損した人はたくさんいると思いますが、ここで本当に目が覚める人は1割くらいだと思います。

自分も爆死を続けて7年かかってようやく呪縛から解放されたんですよ?

そんなに簡単に抜けることはできないのは痛いほど知っています。

でも、その1割の人はようやく立ち直れるスタートラインに立てたと思います。

自分の場合は黒田バズーカ2でトドメを指されたわけですが、とりあえず生きながらえて借金も完済できました。

今でも後悔は残りますが、諦めなければなんとかなるということは分かっています。

今回の一件で少しでも多くの人の目が覚めると良いなと思います。

再起をかけるのに必要なのは株やFXを続けることではありません。

 - 破産記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事