株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

270万円の借金返済経験から学んだお金を貯める本当の方法

      2017/02/16

270万円の借金を返済し、ようやく自由の身になりました。

このページでは、借金返済の経験から学んだ確実にお金を貯める方法を紹介します。

個人的にはあまり他人にあれやれこれやれと言うのは好きではないのですが、お金に困っている人はたくさんいると思うので改めて書いてみることにしました。

お金を貯めると言うのは簡単なことではないので楽して稼げるわけではないですが、それでも確実にお金が貯まるようになるので参考にしてください。

ちなみに、もう限界までやってるぜ!って人には参考にならないと思います。

スポンサーリンク

お金を貯めるというのは決して楽な事ではない

まず認識すべきは、お金を貯めるのは大変だということです。

世の中には「楽にお金を稼げる方法!」みたいな話がたくさんありますが、例外なくそんなに美味しい話はないのは知っての通りです。

言うまでもなく努力とか運が必要になります。

本当に楽に稼げるのは、何もせずに宝くじを1枚買ったら1等が当たったとか、そういう天文学的な運の良さの持ち主くらいなものです。

というか、そんな楽な方法があるなら誰も苦労しないですよね。

ただ、世の中というのは誰もが平等にできているわけではないので、同じことをするにしてもどんな手段をとるかで人生は変わりますし、みんながやってない事をやることでお金を得る可能性を上げることはできます。

ただし、みんながやってない事には理由があるのです。

面倒だったり大変だったり時間がかかったり・・・色々あってやる人が少ない。みんな努力しないんですよ。結局すぐスマホで遊んじゃうもんね。

なので、その壁を越える努力と犠牲は覚悟する必要があります。

1年で270万円を返済した僕も別にぼけーっとしてたから完済できたわけではありません。

人の目を気にしない

お金を貯めたいなら人の目を気にするのはやめましょう。

人の目を気にするとお金も無駄ですし時間も無駄ですし良い事はありません。

例えばサラリーマンのみなさん、行きたくもない飲み会に付き合いで参加していませんか?

安心してください、あなたが行かなくても他の人はたいして気にしません。自分が思ってるほどあなたは重要人物ではないです。

もしかすると次回から誘われなくなるかもしれませんが、そんなことで誘わなくなるような相手だったら別に仲良くする必要はありませんよね。

会社でハブられるから困る?

そんな酷い会社は退社すべきですし、そんな状況なら遅かれ早かれ別な理由でハブられるのである意味心配は無用です。

他にも色々な場面で、見栄や付き合いでお金を使う場面はあると思いますが、実際にはやってもやらなくても良いものです。

もちろん、心の底からやりたいことであればお金を使うことを躊躇する必要はないと思います。なんでもかんでもお金を使わないというわけではありません。

問題なのは人からどう思われるかを気にして選択してしまうことです。人の目を気にしてもキリがないですし、気にしている間は永遠に心が休まりません。

それでいてお金もかかるのですから、人の目を気にして良い事なんてありません。

自分自身も普段の生活でもついつい人の目を気にして判断をしてしまうことがあります。ただ、冷静に見るとたいしたことじゃないことばかりです。

人の目や雰囲気でお金を払っていないかは常に考えましょう。

本当の価値を考える

あなたが払ったお金は、どんな価値に対してのものでしょうか。

お金を払うタイミングでは、本当にお金を払っただけの価値があるかを考えなければなりません。

例えばコンビニや駅の売店で飲み物を買う人っていますよね。

朝の通勤の時に観察しているとサラリーマンがたくさんいることが分かります。

500mlのペットボトルのお茶をコンビニで買うと140円くらいです。

でも、スーパーでは100円とかで売ってることもありますし、家でお茶を沸かして水筒をもっていけば10円くらいでしょう。

どうしてコンビニが高いのかと言うと、単純に言えば便利で楽だからです。

週末にスーパーでまとめ買いするのは少し面倒ですし、家で水筒を準備するのはけっこう面倒です。僕も実際に水筒やってますが、すごく面倒くさいですよ。

つまり、コンビニで買うと言うのは手間や時間をお金で解決しているということになります。そうなると、重要なのは自分にとっての時間の価値です。

例えば15分で1万円稼いでいる人にとっては15分かけてお茶の準備をするくらいならコンビニで買った方が良いですよね。それだけ稼げるなら本業を頑張るべきです。

ただ、特に稼ぎが良いわけでもない人がその15分でテレビを見たりスマホで遊んでるのであれば、水筒を準備する時間に使うべきです。

それだけで年間で数万円の節約になるのですから。

何も節約を徹底する必要はありません。払ったお金に対して相応の価値がある商品やサービスなら何の問題もあませんし、総合的に見た時に得をするのであれば良いのです。

1000円のものなら1000円の価値、50000円のものなら50000円の価値があるのかをフラットに判断しましょう。まぁ大抵は値段相応のものが多いですが。

それは自分自身に対しても同じです。自分が楽をするために払ったお金に対して、元をとれるほど自分が稼げるのかをちゃんと考えなければいけません。

商品やサービスはもちろん、自分も含めて本当の価値を考えてください。

文句を言う暇があるなら自分が行動する

何か嫌なことがあったり、不満があった時にどんな行動をとりますか?

多くの人がとるのは、文句を言ったり愚痴ったりすることです。

そしてそのほとんどが問題の解決にはなりません。

例えばスマホの料金なんて良い例です。

月々の料金が高い、端末の代金が高い、2年縛りは酷い・・・よく聞く話ですよね。

でも、高いものを選んでいるのは自分なんですよね。

別にスマホがないと死んでしまうわけではないのですから、嫌なら解約すれば良いのです。今はスマホも色んな会社がサービスを運営しているのですから。

文句を言いながらどうしてダラダラと無駄なお金を払い続けるのでしょう?

逆にみんなが解約したらスマホ会社も危機感を感じて値下げしますよね。みんなが解約しないなら別に今のままで大丈夫なので値下げなんてするわけないでしょう。

自分が動くのではなく相手が動くのを待っていてはいつまで経っても問題は解決しません。

どうして相手が動くのをじっと待っているのでしょう?それで解決する可能性はどのくらいあるのでしょうか?周りがあなたに合わせてくれるのでしょうか?

みんなが自分の言うとおりにならないとヤダ!

って、ただの超ワガママな人ですよね。

これはお金に限ったことではありませんが、他人を動かすのはとても難しい事です。逆に自分が動くのは自分で決められることです。

ガタガタ文句を言う時間があるならササッと自分が動きましょう。

試せることは全て試す

最後です。

取り返しのつかないこと以外は試せることは全て試してください。

やったことないから・・・とか、面倒だから・・・とか、失敗するかもしれないから・・・とか、色々なハードルがあると思いますが、頑張って乗り越えましょう。

例えば僕の場合は借金の一部をブログからの収入で返済しました。でも、これはあくまで結果論であって別に最初から収入があると思っていません。

最初はブログの作り方も分からなければ書き方のノウハウもありません。ただ、お金を払って準備を整えると半強制的にやらざるを得なくなります。

もちろん10万円とか100万円となると失敗した時のダメージが大きすぎるので慎重にならざるを得ませんが、数千円程度であればさっさと試した方が良いです。

上手くいったときは何十倍にもなるわけですからね。宝くじと違って努力すれば成功率が上がるんですからこれほど割の良いものはありません。

クレジットカードや口座開設のキャッシュバックなんかもどんどん活用しましょう。

1人1回しかできませんが、少しの手間で数万円が手に入るチャンスってなかなかありません。

今はネットで簡単に申し込みができるんですから、1枚申し込むくらいの手間はわずかです。

え?審査に落ちるかもしれない?

そんなものは落ちてから考えればいいんです。別にクレジットカードの審査に落ちても死んでしまうわけではないのですから、気になるならさっさと申し込めばよいのです。

誰もやらないことを着実にやる

さて、4つの考え方を紹介しましたが、実際に何かを始める人は1%にも満たないと思います。

そりゃ面倒なのは分かります。

これは別にネットの情報だからではなく、例えば友人や会社の同僚にお得な情報を伝えてもそれを実行する人はほとんどいないです。

去年もふるさと納税を色々な人に勧めましたが、実際やったのは2割くらいでしたね。

僕の説明が下手なので魅力を感じていない可能性もあると思いますが、結局面倒なだけだと思います。

で、そういう人に限って「今月は苦しい・・・」とか「お小遣いが厳しい」とか言うんですよね。

それを聞いている側としては

「いやだから稼げる方法教えてるじゃん・・・」

と思うわけです。

そりゃ対策しないんだから苦しいに決まってるでしょう。

何もしないでお金が降ってくるわけはないのですから、とにかく色々やってみるしかないんです。それなのに何もしない・・・ってもうよく分からない状態ですよ。

本当に行動する人は一年で270万円返済できたりするわけです。やるかやらないかで大きな差がつきます。

また、誰もやらないからこそ実際に行動した人が儲かるんです。ライバルが少ないのだから儲かるのは当たり前です。

別に「最初に100万円を用意しましょう」とか「10万円の教材を買えば儲かります」とか無理難題を言っているわけではありません。ほんの30分とか1時間の手間ですよ?

愚痴ったり悩んだりしてる時間があるなら何か行動しましょうよ。

実際に何から始めるべきか

ということであれこれ書いてみましたが、結局精神的な面が多くなっちゃうんですよね。

でも、多くの人が知りたいのは実際どうすればいいかですよね。

自分もこのブログを書き始めてから借金返済のために色々なことに挑戦し始めましたが、やっぱり自分でお金儲けをするのが一番効率が良いです。身も蓋もない話ですけどね。

今ではこのブログ以外にもいくつかブログやWebサイトを運営して大きな収益を得ています。

ただ、普通のサラリーマンがいきなり始めても上手くいくわけないので、作戦は必要です。

自分の場合は借金返済するまで1年強かかってしまいましたが、何をすれば近道かはなんとなく分かった気がしています。

もしゼロからスタートするとした時に、何から始めるべきかを紹介してみます。

本を読む

基本的なことなのですが、まずは情報を集めることです。

情報という意味だとネットでも良いのですが、完全に素人の場合は本を読んだ方が効率がいいです。

最初にオススメなのは「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」ですね。

この本は初心者がブログでお小遣いを稼ぐための基本的な内容が書かれています。

似たような本は色々ありますが、最初は分かりやすいものが良いです。ただ、タイトルと違って月5万円は「超かんたん」ではないので少なくとも1年くらいは頑張る覚悟をしてください。

自分も借金返済までは収益の報告を書いていたので月5万円までの期間は参考にしてみると良いと思います。最初は我流だったのでダメダメでしたが、だんだん収益が上がっていったのが分かります。

儲け方を知る

お小遣い程度ではなく、もう少し本格的にお金を稼ぎたい人は、そもそも「どうすれば儲かるのか」ということを学ぶべきです。

自分も含まれるのですが、サラリーマンって「儲け方」を知らないんですよ。知らないのにお金儲けなんてできるわけないです。

「儲け方」って学校でも教えてくれないし、日本人は儲けることに対して汚いイメージがありますからね。

なので、「儲け方」を知る必要があります。

最近だと「インターネットビジネス マニュフェスト」という本がオススメです。

オススメな理由は、無料キャンペーンをやっていることが多いからです(送料はかかります)。

手に入るものはなんでも活用してください。遠慮や躊躇する人がお金を得られるほど世の中甘くはないです。

ハッキリ言って、どんな本を読んでも内容的にそんなに大きな差はありません。

なので、最初のうちは少しでもお金がかからない方法で情報を集めていきましょう。ある程度お金が集まってくれば色々できるので、焦る必要はありません。

実際に手を動かしながら試行錯誤する

情報を頭に入れたら次はアウトプットです。

どんな方法が上手くいくのは運の要素が強いので、色々情報を集めて確率が高そうなことを順番に試すのが近道です。

たまには成功するので、その成功したものを続けていけば自然とゴールに近づくはずです。

自分の場合も、上手くいかなかったものは途中でやめてるんですよ。全部が上手くいったわけではないんです。

本当にお金が必要で、お金がほしいと思っている人は是非頑張ってほしいと思います。

やる気さえあれば必ずできます。

株で大損して借金抱えた自分でもなんとかなったんですから。

まとめ

それではまとめです。

  • お金を貯めるというのは楽ではない
  • 人の目を気にしているうちはお金は貯まらない
  • 何に対してお金を使っているのかを考えよう
  • 誰かに文句を言う暇があったら自分で行動する
  • 試せることはすべて試す
  • 頭で理解するのではなく実際に行動する
  • 具体的な方法をすぐに試してみよう

「お金がないお金がない」とみんなで愚痴ること自体が楽しいというのはあると思います。文句を言って不満を解消するというのは楽なんですよね。

でも何も解決しません。

何かを解決するというのは相応のパワーが必要なので面倒なこともあれば手間がかかることもあります。今回の内容も楽な事ばかりではありません。

しかし、今よりも少しでもお金がほしい、お金を貯めたいと思っている人には参考になるはずです。

あとは、『やるかやらないか』だけです。

 - お金, 破産記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事