株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

ADSLが終了!一番お得な乗り換えのおすすめ先は光回線?

   

家でのネット回線と言えば光ファイバーというが当たり前と思っている方もいると思いますが、日本でネットが普及するまでには色々なネット回線がありました。

僕自身も20年くらいネットを使っているので色々と渡り歩いてきたのですが、その1つであるADSLがついに終了するようですね。

現在でもかなりの家庭で使われているようなので、乗り換え先を考えている方も多いと思います。

ということで、ADSLから乗り換えるならどこが良いのかを考えてみます。

スポンサーリンク

ADSLが終了する!

初めてADSLを使った時は本当に感動したのを覚えています。

それまで我が家ではフレッツISDNという接続サービスを使っていました。このサービスはネットが固定料金で無制限に使えると言う初のサービスだったので便利ではあったものの、回線の速度は物凄く遅かったのです。

ADSLになって100倍くらいスピードアップしたので、びっくりした記憶があります。

ちなみに、もっと昔はネットを使うのに3分10円とかだったので、中学生の頃に月額料金が4万円請求されて両親にめちゃくちゃ怒られた記憶があります・・・。

毎月数万円もかかる状態からすれば数千円で高速通信できるADSLというのはまさに革命だったわけですが、駅前でヤフーBBのモデムを配っていたのも印象的でしたよね。

その後はみなさんの知る通りフレッツ光をはじめとする光回線が普及してきたのでADSLを使っている人はどんどん減っていきました。

そんな中、NTT東西は7月末に「ADSL」の新規申し込み受け付けを16年6月で終了すると発表しました。

会社側からすれば、利用者が少ないサービスは早く廃止にして利用者の多いサービスに集中したいと思うのは当然なのでこれはしかたありません。

しかし、利用者からすると困りますよね。

光回線には届かない速度だけど料金は安い・・・そんなサービスあんまりないからです。ほどほどにネットが使えればOKって人には問題なんです。

また、現在では光回線も多くの地域で対応しているとはいえ、まだ対応していない地域もあります。スマホがあるとはいえ、そういう人にとっては死活問題かもしれません。

まだ新規申し込みが終了の段階ですが、今後は既存サービスも停止の方向に向かっていくはずです。そろそろ乗り換え先を本気で考えないといけないタイミングになってきました。

乗り換えは光回線にすべきか?

乗り換えを考える時に最初に思い浮かべるのはやはり光回線ですよね。

「フレッツ光」とか「auひかり」などがメジャーなサービスですね。

我が家も現在はフレッツ光を使っています。

回線はADSLよりも高速で高品質

最大の特徴は回線が高速で高品質であるということです。

ADSLも最大速度は50Mbpsだったりしますが、基地局からの距離が遠くなればなるほど減衰します。よほど環境が良くない限りは実際の速度は数Mbps程度です。

光回線の場合は減衰がほとんどないので、距離に関わらず高速通信が可能です。近隣の家庭やマンション住人と回線を共有しているので最大値である1Gbpsや100Mbpsまでは出ませんが、40bps程度は安定的に得られます。

ただ、実際には普通にニュースサイトやこのブログのようなページを見ている分には大きな差は感じられないと思います。このブログなんかは画像が少ないので低速でも影響はありませんしね。

ただ、Youtubeで動画を見たりファイルのダウンロードやアップロードを大量に行ったりする人にとってはかなりのレベルアップに感じられると思います。

料金はADSLよりも高め

次は一番気になる料金ですね。

結論から言えばADSLよりも高くなります。ADSLは月々2000円とか2500円くらいなのでやっぱり安いんですよね。プロバイダや速度によって1000円台からあるので、料金的にはかなりお得です。

一方、光回線だと戸建で月々5500円くらい、マンションだと月々4000円くらいです。

これに加えて、2年単位の契約で割引されるとか、キャンペーンとか色々含めたものが料金になります。

注意しなければならないのは、スマホと同じようにキャッシュバックなどで実質××円という広告が多いことです。キャッシュバック込みでADSLと料金は変わらないと宣伝している場合もあります。

ですが、純粋な料金は上記くらいであることを覚えておきましょう。

ADSLと比較すると・・・戸建だと3倍近くてマンションだと2倍くらいになるということですね。

契約する時はキャッシュバックに注目

さて、実際に契約する場合の光回線の特徴はなんといってもキャッシュバックでしょう。

我が家も現金5万円キャッシュバックで申込みしたのですが、その時に行われている一番良いキャッシュバックを探すのがポイントになります。

とは言え、ネット回線は長く使うので、一時的なキャッシュバックだけではなく長期的に考えてお得かを計算する必要があります。最初の2年は安いけどそこからは意外と安くなかった・・・なんてこともありますからね。

また、今契約すると2年間は毎月500円引きのキャンペーンなどなど、色々なキャンペーンをやっているのでしっかりと調べて選択する必要があります。

フレッツ光ならどこで契約してもNTTのサービスであることに変わりはないので、どうせならキャッシュバックが多いところで契約しましょう。


モバイルルーターで格安SIMを使えば光回線の半額

モバイルルーターとは

モバイルルーターというのは、スマホのようにどこにいてもインターネットに接続できる持ち運び用の機器です。海外旅行に行く時などに使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

モバイルルーター自体ではネットはできないのですが、スマホやパソコンと接続するとネットができるようになります。

例えばスマホだと、スマホ本体が電波を受信ししてネットができますよね。

モバイルルーターの場合はモバイルルーターが電波を受信して、そこからスマホやパソコンに振り分けるのです。なので同時に複数のスマホやパソコンでネットをすることもできます。

モバイルルーターを家で使う

普通はパソコンと一緒に持ち歩いてどこでもネットが使えるので便利・・・って感じで使うのですが、別に家にいても使うことができるので、これを活用します。

つまり、モバイルルーターを家に置きっぱなしにしておいて、そこから家のパソコンやスマホに接続してネットをするという作戦です。

その場合にはどんなイメージになるのでしょうか。

現在ADSLを使っている場合は、ADSLのモデムからパソコンに接続したり、ADSLのモデムからルーターに接続してそこからパソコンでネットをしているはずです。

このモデムやルーターの役割を、スマホやモバイルルーターで担うイメージです。

なので、モバイルルーターが電波を受信して、そこから各パソコンに接続してネットができるってことですね。ADSLの場合は壁から線が伸びていてそこへ繋いでいると思いますが、線の代わりに電波になります。

モバイルルーターを使う場合には、モバイルルーター本体を購入して、データ通信のためのネットの契約をする必要があります。大手だとドコモなどもサービスを提供していて、データプランと呼ばれているものです。

しかし、ドコモなどの大手だと料金が高いのでそれだと光回線にするのと同じような料金になってしまいます。なので、ここでは格安SIMを使う方法を紹介します。

格安SIMを使うと料金は光回線の半額

格安SIMというのは、いわゆる格安スマホと呼ばれているもので使っている回線サービスのことです。格安スマホというのは格安SIMを使ったスマホのことなのです。

最大の特徴は大手ドコモの回線なのに料金が凄く安いことです。

例えばU-mobileではLTE使い放題で月々2480円です。

また、ぷららモバイルLTEでは3Mbpsの速度でで月々2980円です。

光回線と比べると半分くらいの料金ということになります。単純に料金だけで見ると有力な選択肢になると言えます。ドコモの回線なので利用エリアもとても広いです。

電波なので回線の安定性や速度は光回線には完敗

料金は安いことは分かりましたが、速度や品質はどうでしょうか。

みなさんのスマホも時間帯によって早くなったり遅くなったりしますよね。

これは電波なので色んな影響を受けるからです。今は平気ですが、昔は地下鉄に乗るとスマホ使えなかったですよね。また、周りにスマホを使ってる人がたくさんいると混雑して遅くなります。

今回紹介している方法も同じで、ドコモの回線とは言っても速度や安定性は微妙です。物理的にケーブルでつながっている光回線と比べるとその差は歴然です。

料金は安いですが、回線品質という意味では光回線には遠く及ばないので注意が必要になります。

多少波があっても安い方が良いと思ってる人向けと言えます。

モバイルルーター本体は家電量販店やネット回線とセットで買える

最後に、モバイルルーター本体に関してです。

ネット回線があっても本体がないとスマホやパソコンに接続できないので、本体も用意する必要があります。本体は家電量販店でも買うことはできますが、ネット回線を契約する時に一緒に買うと安いのでオススメです。

格安SIMの契約をする時に一緒に購入してしまいましょう。

家のネット回線は用意しないという手もあり

さて、ここまで2つの方法を紹介しましたが、そもそも家のネット回線ってどれだけ使ってますか?

人によってはスマホで十分だったりしませんか?

これを機に思い切って家のネット回線をやめてしまうといのもありかもしれません。そうすれば家でのネット料金は0円になりますから何の心配もありませんよね。

試しに数か月そういう生活をして試してみるというのもありだと思います。

どうすべきかは利用頻度で考えよう

ということで、いくつかの有力な乗り換え先を紹介しました。

実際には他の乗り換え先もありますが、料金が安いけど回線が最悪だったり、料金は高いけど回線は普通だったりするのでこの辺りが妥当なところかなと思っています。

乗り換え先の選択は悩むところですが、一番重要なのはネット利用頻度と内容だとと思います。

家でよくネットをする人や動画を見る人などはやはり光回線にすべきですし、とりあえずネットに接続できればOKのレベルならモバイルルーターを置けば良いと思います。

ようはたくさんネットするなら相応のお金をかけるべきですし、あまりネットをしないなら料金の安い乗り換え先が良いということです。

まとめ

それではまとめです。

  • ADSLの新規受け付けが終了。既存サービスも終了するかも。
  • 光回線は回線品質は最高だが料金2~3倍になる。
  • 高いのでキャッシュバックが多いところで契約しよう。
  • モバイルルーターと格安SIMの組み合わせなら料金はほぼ変わらない。
  • ただし回線品質はあまり良くないので注意。
  • パソコンよりスマホな人は家のネット回線はやめるのも手。
  • 最終的には利用頻度と内容で選べ。

我が家はフレッツ光を使っていますが、次に引っ越しする時には新しいサービスもでていると思うので、再検討したいなと思っています。

 - モバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事