株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

低金利時代に学資保険に入るなら配当付でインフレ対策しよう

   

「子供が産まれたら学資保険に入りましょう」

昔から保険の営業の時に云われる言葉です。

実際に加入するかどうかは人それぞれですが、加入する場合にはどの会社のどの商品が良いのでしょうか。各社とも次々と新商品を出したり改定したりしています。

また、現在はアベノミクス真っ只中ですよね。これまでとは色々環境も変わっていることをどのように考えていけば最終的にお得になるのでしょうか。

今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

学資保険とは

まずは学資保険について簡単に説明します。

学資保険というのは、高校や大学の学費を払うためのお金を長期間かけて貯めて増やしていく保険商品を指します。子供が小さい頃から十数年かけて貯蓄していくタイプが多いです。

例えば、大学入学時に200万必要な場合には、0歳から保険料を払っていきます。

毎月8480円払って最終的に総額で183万円ほど払うと、大学入学時に200万円もらうことができます。17万円増えているということです。

学資保険の良いところは、銀行預金と比べて利率が高いことにあります。今の例だと17万円増えていますが、これを例えば0.2%の1年定期だと・・・3万円増えます!・・・銀行預金は終わってるということです。

また、子供が大学に入るまでに親が死んでしまった場合には以後のお金を払わなくても学費をもらうことができます。両親が死んでしまった場合もとりあえず学費は確保できるってことです。

さらに、銀行預金や株などとは異なり、利息に対する税金がかかりません(物凄く高額な場合はかかることもあり)。利息は20%の税金がかかるので、意外とダメージあるんですよね。

このように、銀行預金で頑張って貯めるのと比較すると、毎月しっかりと継続して貯蓄できて少し利率もお得というのが学資保険です。

学資保険はベストではないが、多くの人にベター

さて、そんなお得な学資保険ですが、最近は子供の学費を学資保険以外で貯めるという方法も選ばれるようになってきました。

ニュースやコラムなどを見ても、学資保険よりもNISAを活用して投資信託を積み立てて・・・なんて記事がけっこうあります。

これは確かにその通りで、例えば債権インデックスの投資信託などの方が学資保険よりも利率は高いです。証券口座の開設や購入手続きも物凄く簡単なのでハードルも低いです。

でも、株をやりたい投資をやりたいと話す人は多くても、実際に始める人はなかなかいないです。不思議なことにみなさん腰が重いんですよね。

僕もたまに「株やってるんでしょ?教えてよ~(大損したことは言っていない)」みたいなことを言われるのですが、何度か説明してもなかなか始めてくれません。まぁ大損した奴に聞いても儲からないので結果的にはOKですが。

でも、そうなるとお金はずっと銀行に預けたままになってしまいますよね。言うまでもなく銀行に預けても全然お金は増えません。

銀行に預けて放置するくらいならまだ学資保険の方がマシです。

自分で行動できる人には学資保険はあまりオススメしませんが、色々面倒だったりする人にとっては銀行預金に比べてお金が増える学資保険は有効というわけです。まだまだそういう人が多いと思います。

というわけで、この記事では学資保険の選び方について説明します。特に現在の低金利時代にどうすべきかを中心に考えていきましょう。

学資保険は基本的に利率で判断して選ぶ

学資保険と一口にいっても、各社で色々な商品を出しています。

どれを選べば良いのか迷ってしまうかも知れませんが、学資保険の場合は選び方は単純です。

学資保険は基本的にお金を貯めて増やすのが目的なので、とにかく一番増えるのが良いってことです。保険会社も「返戻率が108%です!」みたいな言葉はデカデカとパンフレットやWebサイトに載せてます。

従って、契約を考える時に最重要となるのは返戻率(利率)となります。

ちなみに、「子供が怪我した時にお金がもらえる」というような商品もあります。これは絶対に選んではいけません。怪我した時にもらえるお金の分は、本来貯めている学費から支払われるからです。これでは何の意味もありません。

ですので、注目すべきは返戻率なのです。最終的に一体いくら増えるのかに注目しましょう。

どんな保険があるのかは、自分で検索して調べるのも良いですし、広告などを見てみるでも良いと思います。とにかく色々見ていくら払った時にいくらもらえるのかを調べましょう。

個人的におすすめの保険は最後に紹介しますね。

ちなみに、学資保険の返戻率を上げるにはどうすれば良いのか、どんな商品が返戻率が高いのかは下記のページをご覧ください。

【参考】>>学資保険の返戻率を高めてお金(学費)を増やすための3つの方法

低金利時代に長期の契約をする時にはインフレ対策は考えよう

さて、ここで気になるのは現在の環境です。

知っての通り現在は異常な低金利が続いています。学資保険は基本的に申込みしたタイミングから18年間ずっと一定の金利なので、今の低金利で固定することになります。

一方で、日銀は2%のインフレ目標を定めて物価上昇を狙って色々取り組んでいますよね。仮に2%のインフレになったらどうなるのでしょうか。2%のインフレが継続している頃には、金利も今よりも上がっている可能性が高いです。

ここ数年では無理だと思いますが、学費を使う18年後にどうなっているかは予測できません。あと10年後には金利も上がっていて逆に銀行預金の方がお得である可能性もありますし、今のままの可能性もあります。

未来のことは誰にも分かりませんが、18年という長い期間の貯蓄になるのでそうした可能性も考えておいた方が良いと思います。

そのためには、どんな商品を選ぶのかが重要です。

インフレ対策を考えるなら配当がある学資保険にしよう

学資保険を低金利で18年間続けるということにリスクがあるという話ですが、どのように対策すればいいのでしょうか。

結論からいくと、配当がある学資保険を選べばよいのです。

そもそも保険会社は、契約者から集めた保険料を国債などで運用してお金を増やしています。低金利の今はなかなか増えないのですが、高金利になればどんどんお金が増えていきます。

現在の学資保険は低金利の今の金利で計算しているので、今後金利が高くなると増えた分のお金が差分として発生します。一般的にはその差分の2割くらいが保険会社で8割が契約者に戻ってきます。

これを配当と呼びます。

つまり、配当がある学資保険を選んでおくと、仮に高金利になった場合でも配当金がもらえるので大きく損することはないのです。逆に今の低金利が続いた場合でも、最初に18年間で約束した金利で増えていくので何も問題はありません。

インフレ対策を考える場合には配当付の学資保険を選ぶように気をつけてください。

なお、今回は詳しくは伏せますが、学資保険の代わりに死亡保険でお金を確保するというやり方があります。これは確かにお得なのでここ数年流行っているのですが、インフレ対策という意味だと配当付の学資保険の方が良いです。

最後に具体的な商品として、「大学入学時に一括でもらうタイプ」と「大学在学中に分割してもらうタイプ」それぞれ紹介します。

配当付で大学入学時に全部受け取る場合のおすすめ保険

まずは配当付で大学入学の前に保険金を受け取れるパターンです。

このパターンでおすすめなのは「5年ごと利差配当付学資保険(ソニー生命)」です。返戻率は109.2%となります。詳細は後程公式サイトを見てください。

このタイプでは高校3年生の時にそれまでに貯めた分の総額をドーンと受け取ることができます。先ほどの例でいけば、200万円一括で受け取る形です。

また、配当付なので仮にインフレした場合もその分のお金をもらうこともできます。仮にアベノミクスがこのまま順調にいってインフレしても安心というわけです。

配当付で大学在学時に少しずつ受け取る場合のおすすめ保険

今度は大学在学の4年間で少しずつ受け取る場合のおすすめ商品です。

このパターンでおすすめなのは「こども共済すてっぷ(JA共済) 」です。返戻率は113.5%となっています。こちらの方が運用期間が長いので利率もよくなっていますね。こちらも詳細は後程公式サイトを見てください。

このタイプは基本的に大学在学中に毎年分割してお金を受け取る形です。先ほどの例でいけば、200万円を5分割して大学入学から卒業までの毎年受け取りになります。

また、配当付なので仮にインフレした場合もその分のお金をもらうこともできます。

まとめ

それではまとめです。

  • 学資保険は基本的には利率で選ぶ
  • インフレを考えるなら配当付にすること
  • 大学入学前に受け取る場合は「5年ごと利差配当付学資保険(ソニー生命)」がおすすめ
  • 大学在学中に分割で受け取る場合は「こども共済すてっぷ(JA共済)」がおすすめ

学資保険のように長期的に積み立てる保険を選ぶ場合には、インフレ等を含めて考える必要があります。長期的に考えて損をしないように計画して契約をしましょう。

 - 保険

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事