株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

スマホよりもガラケー&タブレット2台持ちがおすすめな理由

      2016/10/08

現在の日本は空前のスマホブームです。

お店の中や電車の中はもちろん、会社でも学校でも、歩いてる時でも自転車乗っている時でも老若男女多くの人がスマホの画面を見ています。

ある意味ではゾンビのような様相を呈していますが、それだけスマホの呪縛は重いということですね。

そんなご時世なので、今はガラケーを使っている人でもスマホが気になる人は多いでしょう。先日僕も実家に帰った時にスマホにしたいと相談されました。

そこで僕がオススメしたのは、ガラケーとタブレットの2台持ちです。

僕自身もそれで生活しているというのもありますが、多くのメリットがあるからです。

スポンサーリンク

ガラケーとタブレットの2台持ちとは

ガラケーとタブレットの2台持ちというのは、その名の通りガラケーやガラホとタブレットを2台契約するという方法です。

ガラケーは通話とメールのみ、タブレットでLINEなどのアプリを使ったりネットサーフィンしたりするスタイルになります。2台目はタブレットではなくスマホにしてもOKですが、どうせ2台持つなら画面が大きいタブレットの方が便利です。

僕は1年半くらいこのスタイルを続けていますが、最初は2台持つことへの抵抗があったものの、今では快適に生活できています。料金も格安なので言うことなしです。

この記事では、メリットやデメリット、おすすめのサービスなどを紹介します。

メリット① スマホや格安スマホよりも月々の料金が安い

まずは料金が安いことです。

ガラケーは言わずもがなですね。ガラケーは通話専用でたまにメールする程度になるので料金はとても安くなります。例えば僕はドコモのガラケーを契約していますが、月々934円のプランにi-modeの300円を払っています。

つまり、ガラケーの契約は1234円です。

ガラケーはスマホと違って機種変更しなくても長く使えますし、機種変更するとしてもスマホの1/4くらいの金額です。全体的にスマホに比べてコストが安いのが特長です。

一方、タブレットは通話に使うわけではないので、格安SIMのサービスでデータ通信のみの契約となります。このため、圧倒的な低価格で契約することが可能です。

僕は月々のデータ通信料は3GBで契約していますが、格安SIMなので月々900円です。普通にドコモで契約しようとすると2GBでも3500円とかなり高いですから如何に安いかがよく分かりますね。

最終的に2台の合計で税込でも2500円未満で済んでいます。

どうでしょうか?みなさんは毎月いくら払っていますか?

大手スマホの利用者の平均利用額が6342円、格安スマホの平均利用額が3379円なので、2台持ちがとても安いことが分かります。

【参考】>>格安スマホの実際の月額平均利用料金は大手の半額!

メリット② スマホや格安スマホよりも通話料金が安い

何故2台持ちが安いのかと言うと、ガラケーと格安スマホの良いとこどりをしているからです。

前述の通り、データ通信は格安スマホと同様にとても安いです。そして、ガラケーだと月々980円で1000円の無料通話がついてくるので通話も安いです。

また、特に大きいのは格安スマホと違って家族通話が無料なことです。

最近はLINEでやり取りをすることが多くなってきたので仕事以外の電話は家族と実家が多いです。しかも、家族は良いのですが実家の電話ってけっこう長電話になるんですよね。

これは通話料金が高めな格安スマホには痛い話で、ある程度の通話をする場合には格安スマホの良さが帳消しになってしまいます。

しかし、2台持ちだと通話はガラケーなので家族通話は無料ですし、他の人への電話も無料通話はあるし死角がないのです。

もちろんスマホにも通話し放題はありますが、これだと料金が高くなってしまうので本末転倒ですよね。

メリット③ 電話しながらネットができる

さらに、料金以外でも便利なことがあります。

それは、ガラケーで通話しながらタブレットでネットができることです。

これはとても快適で、会話中にちょっとしたことを調べることもできますし、

家の中だとパソコンを見ながら電話するということはあると思うのですが、これがどこでもできるとなると非常に便利なのです。

また、家の中でもわざわざパソコンを起動する必要がなくなります。タブレットは画面も大きめなのでネットサーフィンに不自由しないですし、片手でも持てるので電話しながらでも使いやすいです。

メリット④ ドコモなどの大手キャリアのメールアドレスをそのまま使える

最近はあまりメールをすることもなくなってきましたが、そうは言っても重要な内容はメールを使っている人もいると思います。

特に今ガラケーを使っているような人はわりとメールを活用しているのではないでしょうか。

しかし、ガラケーからスマホに機種変更すると月々の料金が高くなってしまうし、格安スマホにするとメールはGmailなどを使うことになります(abcdefg@docomo.co.jpとかではなくなる)。

そうなると色々不便なこともでてきますよね。

しかし、2台持ちであればガラケーはそのままなのでメールも今まで通り使えます。料金も高くなりません。メールアドレスに関する心配はなくなるのです。

デメリット① 持ち運びが面倒

もちろんデメリットもあります。

容易に想像できると思いますが、2台なので持ち運びが面倒なことです。これは人によっては物凄いデメリットだと思います。

特にタブレットは持ち運びは不利です。ガラケーとスマホの2台持ちならともかく、ガラケーとタブレットの2台持ちだと鞄を持たないと事実上持ち歩きは不可能だからです。

7インチのタブレットならポケットに入らないことはないですが、そうすると座ることができません・・・。

普段から出かける際に鞄を持っているのであれば問題ないのですが、手ぶらで行動するスタイルの人にとっては面倒な事この上ないでしょう。

これ以外に特にデメリットはありませんが、どうしても持ち運びが快適な方が良い人はお金は我慢して普通にスマホのみ使う方が良いと思います。

メリット⑤ スマホに比べて依存しにくい

最近になって、実はこれが一番のメリットなのではないかと思っています。

ニュースなどでも歩きスマホの危険性について語られることが多くなってきましたが、確かに道を歩いていても電車の中でもじーっと画面を見ながら行動している人は多いですよね。

タブレットだと7インチでもけっこうな大きさなので、さすがに歩きながら使うのは難しいです。そうなると、歩いて利用するということはなくなります。

また、スマホに比べて重いこともあるのであまり長時間持つと疲れます。これは賛否両論あると思いますが、疲れるので利用しない時間ができるというのはとても良い事だと思っています。

メリット⑥ 使い方が分からずトラブルになる確率が低い

最後はトラブルに対するリスクの観点です。

最近ではスマホに機種変更したあとにガラケーに戻す人が増えているようです。スマホに慣れていなくて操作がよく分からずにイザと言う時に電話が上手くできない・・・なんてこともあると思います。

特に高齢者の方は死活問題ですよね。実は僕も少し前に両親がスマホを使いたいと相談してきたのですが、やはり「操作を覚えるのは大変だし何かあったら困る・・・」と言われたのです。

確かに当人からすればイザと言う時に使えなくなったら大変ですからね。特に緊急時にそんなに落ち着いて操作できる保証はないですし、長年使ってきたガラケーの方が安心という気持ちはあるのでしょう。

ですが、2台持ちの場合はそういうことはありません。

最悪の場合でもガラケーは使えるので電話だけはできます。タブレットの使い方がよく分からなくなってしまってもガラケーさえ使えればなんとかなるでしょう。

スマホを少し使ってみたい人や高齢者の方にはあえて2台持ちをおすすめしたいです。そのまま上手くいきそうなら格安スマホ1台にしても良いわけですしね。

いきなりスマホに変えるのが不安な人にはオススメですよ。

ガラケーがなくなってガラホになっても平気?

さて、巷ではガラケーがなくなるという話がありますね。

今後はガラケーではなくガラホにシフトしていくようです。

そうすると2台持ちはどうなるのか・・・となりますが、ガラホは今のところガラケーと同じ料金プランになっているので、ガラケーとして使うのであれば問題なしです。

色気を出してガラホでもLINEがしたいとかネットがしたいとか言いだすと大損することになるので注意ですが・・・。

ガラケー(ガラホ)は通話のみでLINEやネットはタブレット、この大方針さえ守れれば大丈夫です。

おすすめのタブレット

最後におすすめのタブレットを紹介します。

2台持ちの場合はなるべくタブレットを持ち歩くスタイルとなりますので、基本的には7インチがおすすめです。それ以上だとさすがに重くて大変だと思います。

また、外出先でも使うのでSIMカードスロットがあるタブレットを選びましょう。よく分からなければ下記のおすすめタブレットを購入するか、お店で「SIMフリー端末であるか」を聞いてください。

あとは価格や見た目で選べば良いのではないでしょうか。

Andoroidなら「ASUS ZenPad 7.0(Z370KL)」

AndoroidタブレットならZen Padがおすすめです。

このタブレットはASUSという会社が販売しています。あまり聞いたことがないかもしれませんが、この会社はパソコンのパーツの開発などを行っており、日本メーカーのパソコンもこの会社なしには造ることができません。品質は十分と言うことです。

画面のサイズは7インチで価格も2万5千円程度とかなりリーズナブルになっています。

電池の持ちも良く、一回の充電で2日くらいは使うことができます。スマホだと1日で電池切れになってしまうこともあるのでこれはとても助かります。

 

iOSなら「iPad mini 3(wifi-cellular)」

iOSを使いたい場合はiPadminiになります。

外出先でも通信できるモデルである「wifi-cellular版」の価格は56800円~と高めですが、やっぱりデザインは良いですし大きさの割に薄くて軽いです。

7.9インチなので先ほどのMeMO Padと比べると少し大きくて重いですが、解像度も高くとても見やすい画面になっています。

iPad miniのcellulat版は主に公式通販サイトから購入することができます。

おすすめの通信サービス(格安SIM)

続いて通信サービスの選択です。

これはとにかく安く済ませるか、回線の安定性やサービスをとるか、になります。

基本的には格安SIMを使ってコストを抑えるのが良いので、タブレットはアマゾンなどで購入し、格安SIMもネットで契約すると良いでしょう。

とにかく安いのが良いならDMMモバイル

まずはとにかく安くしたい人向けのDMMモバイルです。

データ通信料は1GBで630円、3GBで850円と格安です。ドコモの回線を使っているのでサービスエリアも広く、大きく不自由することはありません。

僕も数か月使ったことがありますが、都内の満員の通勤電車などだと通信速度がかなり遅くなるものの、安いのでしかたないかと満足できるレベルでした。

ちなみに、スマホやタブレットをセットで買うこともできます。

また、DMMモバイルは格安ですが大手と同じように月500円で端末補償のオプションもあります。しかも、大手よりも充実しており故障したら無料で新品と交換です。格安と言いながらも実はサポートも良いのです。

とにかくコストを抑えたい人にはおすすめです。



今勢いのある会社なら楽天モバイル

続いて紹介するのは、楽天モバイルです。

あの楽天市場の楽天グループのスマホ会社になります。こちらも回線はドコモなのでサービスエリアも広く、大きく不自由することはありません。

料金はデータ通信3.1GBで、通話なしプランだと月々900円、通話ありプランだと1600円です。

楽天モバイルは他の格安SIMと同じように料金が安いのも特長ですが、大きなポイントは2つです。

1つ目は楽天ポイントが貯まること。スマホ料金の支払いに対して1%の楽天ポイントが貯まるのはもちろんですが、楽天モバイルを契約している人は楽天市場での買い物でも+1%ポイントがつきます。

もともと楽天市場で買い物をしている人はどんどんポイントが貯まるのです。

2つ目は5分かけ放題オプションです。月々850円で5分以内の通話が無料になります。

料金は2450円で5分以内の通話が無料で、データ通信が3.1GBです。同じようなプランをドコモやauで契約すると6000円くらいしますから、物凄く安いのです。

2台持ちはもちろん、格安スマホでスマホデビューする人にもオススメです。

実際に2台持ちにする場合の契約例

一通り紹介が終わりましたので、具体的に2台持ちにする場合の契約例を紹介しましょう。

まずはガラケー側の契約を決める

最初はガラケーの契約です。

こちらは今使っているスマホの会社でガラケーへ機種変更すればOKです。

例えばドコモならFOMAのバリュープランとかですね。

家族以外にあまり電話をしないのであればタイプSSバリューで良いでしょう。電話をたくさんするのであればカケホーダイにした方が良いかもしれませんので、自分の電話の使い方によって選びましょう。

タイプSSバリューにする → 934円

カケホーダイにする → 2200円

i-modeなどを使いたければ追加で+300円になります。

自分がどんなプランで契約すれば良いのか迷う人はこちらの記事も参考にしてください。

【参考】>>ドコモのガラケーの料金プランはカケホーダイがおすすめ?FOMAプランが良い?

次にスマホorタブレット側の契約を決める

続いてスマホやタブレットの契約を決めましょう。

ここで使うスマホは今まで使っていたスマホをそのまま使っても良いですし、新しいものを買っても良いです。

回線の契約はドコモとはしないので、ここではDMMモバイルにしてみます。

DMMモバイルだと、料金は下記の通りです。電話はガラケーでするので、スマホ側はデータSIMで構いません。

1GB:590円 3GB:850円 5GB:1210円

例1:あまり電話しないしネットもしない

ガラケー側は934円

スマホ側は850円(3GB)

合計で1784円です。

例2:あまり電話しないがネットはそれなりに使う

ガラケー側は934円

スマホ側は1210円(5GB)

合計で2144円です。

例3:電話はたくさんするしネットもそれなりに使う

ガラケー側は2200円

スマホ側は1210円(5GB)

合計で3410円です。

大手携帯会社だとこの例のような契約をすると8000円くらいになるので、物凄く安いことが分かります。


話題の商品を格安でお試しできる「ちょっプル」もおすすめ!

さて・・・

「節約できるのは分かったけど、あれこれ契約したりするのはちょっとハードルが高くて足踏みする・・・」

そんな人もいると思います。

そんな人のために、人気の商品を格安でお試しして節約できるサービスがあるので合わせて紹介します。

そのサービスとは、「サンプル百貨店ちょっプル」です。

コンビニやスーパーで売っている商品を、お試し価格でお安くゲットできます。

登録は無料なので節約に興味がある方はどんな商品があるか見てみてください。通販感覚で簡単に買えるのでとても便利ですよ。

スマホの契約もそうですが、普通の手段で買うのはもったいない時代なんです。それを知ってるか知らないかで「差」がつきます。

【公式サイト】日本最大級のサンプリングサイト『サンプル百貨店』

下記のページで詳しく解説してます!

【参考】>>新製品が格安!「サンプル百貨店ちょっプル」のメリットデメリット

コスパ命のあたなにはTポイントが貯まるチラシアプリ『ShuFoo!』もおすすめ

とにかくコスパ命のあなたには、無料のチラシアプリ「ShuFoo!」もおすすめです。

家や会社の近くなど、好きな場所を登録しておけば、毎日近くのお店の電子チラシをスマホに届けてくれます。そのチラシを見ればTポイントが貯まるという便利で嬉しいアプリです。

最近は新聞をとっていない家庭も多いと思うのですが、そういう人にとってはスマホでチラシを見られるのは便利ですよね。しかも、チラシを見るだけでTポイントをもらえるのも嬉しいです。

ちなみに、少しまぎらわしいのですが「Shufoo!」というアプリではなく「Tポイント×Shufoo!」という名前のアプリを使わないとTポイントが貯まらないので注意です。分かりにくいと思うので下にアプリのリンク先を用意しました。

無料のアプリなので興味のある方は試してみてください。使えるものは使い倒してお得に生活しましょう。

iPhone版:TポイントxShufoo!

Andoroid版:TポイントxShufoo!

まとめ

それではまとめです。

  • 2台持ちは料金が安い
  • 電話しながらネットができる
  • キャリアのメールアドレスが使える
  • スマホと比べて依存しにくい
  • 持ち運びはかなり面倒
  • ガラホになってもガラケープランにすれば問題なし

2台持つのは少し面倒ですが、それだけのリターンはあってかなりの節約になります。また、スマホが初めての人やガラケーに慣れ親しんだ人でもスムーズにスマホ移行できます。

ガラケーからスマホへの移行に躊躇している人には特におすすめです。

 - モバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事