株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

通話定額!NifMo(ニフモ)でんわの料金やメリットデメリット

      2015/11/28

6月から「かけ放題」を開始すると予告していたNifMo(ニフモ)から、ついにサービス開始の発表がありました!

最初にニュースが出てから随分と経ってしまいましたが、ようやくといったところですね。

格安スマホで通話定額というのは多くの人が期待しているサービスです。

気になるサービス内容や大手スマホとの比較を紹介します。

スポンサーリンク

格安スマホの弱点は通話料金がかかること

格安スマホはとても安いのですが、弱点もあります。

料金という観点で言えば、通話料金が大きな弱点でしょう。

大手通信キャリアと違って電話はかけ放題ではないので、通話時間が長くなると通話料金が高くなりがちです。

従って、よく通話をする人にとっては格安と言うわけにはいかない場合もあります。

まぁ若い人はLINEで済ませることがほとんどだとは思いますが、そういう人ばかりではありませんしね。

よく通話をする人にとっては、通話料金というのが格安スマホ乗り換えにあたってのハードルになっていると思います。

NifMoは格安スマホで通話定額(かけ放題)を実現

そんな中、数か月前に衝撃の発表がありました。

大手プロバイダのニフティが運営する格安スマホのサービスであるNifMoが、6月から通話定額(かけ放題)を始めると発表したのです。

が・・・6月になると延期の発表、そして数か月経っても音沙汰なし。

そして10月29日、ついにリリース発表がされたのです。

そんなNifmoに関して詳しく知りたいという方は下記のページをご覧ください。

【参考】>>格安スマホで電話かけ放題のNifMoで大幅な節約ができそう

このページではNifmoの通話定額サービスについて紹介していきます。

Nifmoでんわのサービス内容

「Nifmoでんわ」は、IP電話を利用した通話定額サービスです。

いわゆる「24時間どれだけ電話をしても定額」という通話サービスになります。基本契約にオプションとして追加で契約することになります。

専用の通話アプリを使って電話すると定額のIP電話になり、普通の通話アプリを使う時は普通の料金がかかる電話回線になる仕組みのようですね。

気になる料金は下記の通りです。

  • 国内かけ放題プラン 1300円/月
  • 国内+海外かけ放題プラン 2700円/月

多くの人が選択するであろう国内プランを契約する場合、基本プランの料金と組み合わせると下記の金額となります。

プラン 音声通話
SIM
Nifmo
でんわ
月額料金
3GB 1600円 1300円 2900円
5GB 2300円 1300円 3600円
10GB 3500円 1300円 4800円

 

大抵の人はデータ通信は3GBのプランで十分でしょうから、毎月2900円で通話定額を実現できるということになりますね。

大手三社(ドコモ、ソフトバンク、KDDI)の場合は6000~7000円くらいなので、これはなかなかの安さです。

IP電話とは

さて、先ほども説明した通りNifmoでんわはIP電話なのですが、このIP電話とはどんな仕組みなのでしょうか。

簡単に言えば、インターネット網を利用した電話のことです。普通の電話とは違ってネット経由なので通話量が安くなるということです。

ちょっと特殊な電話に感じるかもしれませんが、Nifmoでんわでは090や080で始まるいつもの電話番号を使うことになるので普通に使う分には特段変化はありません。

例えば、現在ドコモやソフトバンクで契約している人がNifmoに乗り換えた場合でも、現在の電話番号をそのまま使うことができます。

しかし、料金が安い反面で以下のようなデメリットもあります。

音質はあまり問題はないが、遅延が多い

IP電話はネット経由の電話になるため、ネット通信の速度が遅い場合は音質が悪くなったり声が少し遅れて聞こえたりすることがあります。

最近は技術の向上に伴い音質はとてもよくなりましたが、声の遅延はまだ目立ちます。東京都内の人混みの中や満員電車の中など、通信速度が落ちやすい場所だとスムーズに電話ができない可能性があります。

逆に、あんまり人の多いところに行かないのであれば不自由はしないかもしれません。どんな環境で電話することが多いかで判断すると良いでしょう。

フリーダイヤルや110にかけられない

IP電話というのは、仕組み上フリーダイヤルや110や119に電話をかけることができません。

もちろん普段はあんまりかけることはないと思いますので特に問題はありませんが、緊急の時には困りますよね。

ただ、Nifmoの場合は、専用通話アプリを使うとIP電話で繋がり、普通の通話アプリを使う時は普通の電話で繋がるので、機能的には問題ないように思えます。ようはアプリを使い分ければ良いのです。

緊急時にどっちのアプリを使うかを落ち着いて考えられるかは不安ですが・・・。

大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)との料金比較

それでは一番の特徴である料金を実際に大手スマホと比較してみます。

大手スマホ(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金はほとんど同じなので、ここでは代表としてドコモの料金を見てみます。

1人で使う場合

大手スマホは下記の料金になります。

  • 電話(カケホーダイ) :2700円
  • データSパック(2GB):3500円
  • SPモード       :300円

合計で6500円ですね。

続いてNifmoの場合はこちらです。

  • 音声通話付きSIM :1600円
  • Nifmoでんわ   :1300円

合計で2900円ですね。

つまり、毎月の差額は3600円です。1年間で43200円お得になる計算になります。

デメリットはあるものの、年間4万円の節約というのは大きいですね。

家族4人で使う場合

続いて家族4人で使う場合です。まずは大手から。

  • 電話(カケホーダイ)  :2700円×4人分
  • シェアパック10(10GB):9500円
  • シェアオプション    :500円×3人分
  • SPモード        :300円×4人分

合計で23000円となります。

続いてNifmoの場合はこちらです。

  • 音声通話付きSIM :1600円×4人分
  • Nifmoでんわ   :1300円×4人分

合計で11600円となります。年間で13万円にも達します。

家族で乗り換えるとかなりのインパクトがありますね。

比較のまとめ

比較結果をまとめてみます。

大手 NifMo 差額
1人 6500円 2900円 3600円
家族4人 23000円 11600円 11400円

 

差額を見てもらうと分かる通り、1人の場合だと毎月3600円、家族4人だと毎月11400円お得になります。

これを10年20年と払っていくと考えると、その差は物凄い金額になります。10年で100万円越えちゃいますよ?

100万円って案外簡単に手に入っちゃうんですね。

Nifmoでんわが向く人向かない人

ということで、料金からデメリットまで紹介しました。

さて、結局どんな人が契約すべきで、どんな人がやめるべきなんでしょうか。

まず、Nifmoでんわが向いている人は細かいことは許容するからとにかく安く通話定額したい人でしょう。確かに通話品質は下がりますが、それでも料金は大手の半額になりますから、とにかく節約になります。

逆に、仕事などで重要な電話をたくさんする人には向きません。重要な会話が聞こえないと大変なことになるかもしれませんからね。

また、そもそも電話をあまりしない人には通話定額は不要です。そういう人の場合はガラケーとスマホの2台持ちというのもオススメです。

僕は2台持ちで生活しています。電話ってあんまり使わないんですよね。

【参考】>>スマホよりもガラケー&タブレット2台持ちがおすすめな理由

NifMoへの乗り換えは解約料のかからない月にしよう

さて、これを機会に乗り換えてみようかと思った人もいるかもしれませんが、ここで注意点があります。

それは、多くの人が契約していると思われる2年縛りというヤツです。

ドコモもauもソフトバンクも、2年間の契約を約束することで料金が割引になるプランを推進しています。いまや大半のユーザーがこれを利用しているはずです。

その名の通り2年契約なので、2年毎に更新していくことになるため、途中で解約をすると解約料金がかかります。

解約料金もけっこう金額になるので、乗り換えのタイミングは注意が必要です。

格安スマホはまだまだサービス向上する?!

いよいよ始まるNifmoのかけ放題。

格安スマホのサービスの成長はとても速いので今後もますます期待ができそうですね。

一方で、これだけ次々と新しいサービスが登場してくると、どのタイミングで乗り換えをすべきか迷う人も多いと思います。

しかし、格安スマホの場合は乗り換えに関してはあまり心配はありません。会社によって期間は異なりますが、解約料が発生するのは数か月間だけです。

格安スマホの良いところは、大手のように2年契約しなくても安いということなんです。2年毎という長い期間に縛られることがない・・・これも格安スマホの大きなメリットです。

まとめ

それではまとめです。

  • NifmoがIP電話を使った通話定額”Nifmoでんわ”を開始
  • 専用アプリを使うと通話料金が定額になる
  • 料金は月額+1300円/月
  • 3GBプランで合計2900円で通話定額に!
  • IP電話なので通話品質はやや低め
  • 110番する時には専用アプリを使わないで普通に電話しよう
  • 家族で引っ越せば10年で100万円もの節約に?!
  • よく電話をするけど節約したい人にはオススメ
  • Nifmoへの乗り換えは解約料のかからない月を狙おう

これから他の会社も追随してくるのか、それともさらに新しいサービスが出てくるのか、格安スマホの進化が楽しみですね。

 - モバイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事