株とFXで2270万失った男の本気節約術

株とFXで2270万失った男が、借金返済に成功した本気の節約術や小遣い稼ぎの方法を記録していくサイトです。

50万円も差が?フラット35の手数料に差があるのは何故?

      2016/10/15

住宅ローンは大きなお金が動きます。

そのため、借りるお金そのものはもちろんのこと、手数料などもかなりの金額となりますよね。

少しでも安い手数料で契約したい、多少の手間があっても安い銀行を探したい、そんな人が多いのではないでしょうか。

最近の住宅ローンは史上最低金利を記録したフラット35が人気です。

このフラット35も、申し込む銀行によって手数料が異なります。

同じフラット35なのに手数料が違う・・・何か裏がないか気になりますよね?

スポンサーリンク

フラット35はどんな銀行でも同じ内容

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力して提供している住宅ローンのサービスです。

住宅金融支援機構は独立行政法人で、国民が持ち家を持てるようにするために政府が作った団体になります。簡単に言うと官民一体となって国民が家を買えるようにいい感じの金利で住宅ローンを組ませてもらえる仕組みです。

ようは税金が投入されてるってことです。

参考:住宅金融支援機構

フラット35は前述の通り民間の金融機関で取り扱っているのですが、実際にお金を貸してくれるのは住宅金融支援機構です。このため、どこの金融機関でもローンの内容は同じです。

一応銀行が好きに決めてよいのですが、市場原理が働くので大抵同じになってしまいます。

つまり、極論を言えば申込み場所が違うというだけです。

銀行はあくまで窓口なので手数料で稼ぎたい

じゃあどこの金融機関で申し込んでも同じなのかと言うと、手数料とかサポートなどが少しずつ異なっているのに気付くと思います。

手数料でいくと、融資額の0.5%~2.1%くらいに収まっています。

例えば3000万の住宅ローンだと手数料が15万~63万ということです。

4000万の住宅ローンだと20万~84万とさらに差が出ますね。

どこで申し込むかで手数料が50万円も違います!

同じ住宅ローンなのに手数料が違うって・・・って感じもしますが、銀行は窓口として手数料で稼いでいるので、各銀行で自由に決めています。

ちなみに、勤務先経由で申し込むと手数料が安くなったりすることもあるので、勤務先でチェックもしてみてくださいね。

ネット銀行や専業金融機関は手数料が安い

どんな金融機関が手数料が安いのでしょうか。

銀行毎に色々なのですが、基本的にはメガバンクや地方銀行など駅の近くに店舗があるような銀行は手数料は高めです。

逆にネット銀行やフラット35専門の金融機関は手数料は安めです。

概ねそんな価格設定になっていると思えば良いです。

手数料が安い銀行は危ないの?

手数料が安いのは何故でしょうか?

安かろう悪かろうでは困りますよね。

実際には、最初に書いた通りお金は住宅金融支援機構が出すのでどこで申し込んでも同じです。

それではどこで手数料が変わるのかと言うと、大きく影響するのは店舗の数です。

例えば駅前に店舗があるような銀行はあちこちの街にお店を構えてますよね。入るとたくさんの店員さんがいますし警備員さんもいます。質問すれば色々教えてくれますよね。

つまり、そういう人件費などがかかります。

一方で安い銀行はネット申し込みとか郵送申し込みです。また、店舗も主要都市に少しだけしかない場合がほとんどです。

そうすると人件費などはかからないので、手数料を安くできるというわけです。

手数料が安いから危ないということはありません。

ただ、実際に店舗がないのでサポートは電話やメールになってしまうのがデメリットです。

自分で調べるのが苦手なら手数料は諦めるしかない

手数料が安い金融機関は店舗が少なくネットや電話で手続きをすすめるため、ある程度は自分の力でやることになります。

店舗だとなんだかんだ言っても窓口の人が手伝ってくれたり、不動産屋さんの営業の人が色々やってくれますので楽は楽なんですよね。

逆に、自分で頑張れるという人は大幅に節約できるというわけですね。

こればかりは人それぞれの判断になると思います。

ただ、少しの頑張りで何十万円も節約できるので、個人的には手数料が安いところで手続きすることをオススメします。

手数料が一番安いのは優良住宅ローン

今のところ一番手数料が安いのは「優良住宅ローン」という会社です。

この会社は手数料が0.5~0.8%です(条件によって変わる)。

普通の銀行と比べて手数料だけで数十万円もお得になります。

ただ、近所の銀行に行くのとは違って店舗で手続きをするわけではありません。電話のサポートはありますが、ネットや郵送で申し込みをすることになるので、一人じゃできないと言う人は数十万円高くても店舗へ行くことをオススメします。

もちろん、「そんなこと言われても内容を見ないと判断できないし・・・」という人もいると思います。

そういう人はとりあえず資料請求してみましょう。

資料を見ながら自分でできそうか無理そうか判断すれば良いのです。

住宅ローンは一生に関わる契約になるので、色々な情報を集めていきましょう。

手数料だけで判断していいのか?

手数料が安い方が良いのは間違いないのですが、手数料だけで良いのでしょうか?

やはり全部合わせてお得なのかが気になりませんか?

手数料だけ見ると「優良住宅ローン」が一番ですが、実際には手数料以外も含めた全体的なお得度で判断すべきであると思っています。

総合的に見ると「住信SBIネット銀行のフラット35」をオススメしたいです。

手数料は1.0%なので最安値とは言えませんが、それ以上に大きなメリットがあります。

それは、8大疾病(ガン(上皮内ガンを除く)・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)にかかった時に、ローンの支払いがなくなるオプションがあることです(料金は3000万円ローンの時で約16万円)。

もちろん、同じようなオプションは他の銀行でも加入することができます。しかし料金が全然違うのです。他の銀行だと約80万円~100万円かかります。

つまり、「住信SBIネット銀行のフラット35」だと100万円近くお得になると言うことです。また、普通にがん保険や医療保険に入る要理も圧倒的に安いです。

これだけの差があると「住信SBIネット銀行のフラット35」をオススメするしかないわけですね。

まとめ

それではまとめです。

  • フラット35はどんな銀行でも同じ内容
  • 金利はどこもだいたい同じだが手数料はかなり差がある
  • ネット銀行や専業金融機関は手数料がとても安い
  • 手数料が安い銀行は自分で頑張る必要あり
  • 自分で頑張れるなら50万円の節約も可能
  • フラット35は「住信SBIネット銀行のフラット35」がおすすめ!

家を買うのは大イベントです。しっかりと情報収集して、上手くお金をやりくりしましょう。

少しの判断で何十万円も差が出ますからね。

 - 住宅ローン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事